投資デビュー
お問い合わせリンク投資デビュー

投資の心構え

株やFXなどの投資は「簡単に一攫千金が出来る方法」という扱いで紹介されることが多いためか、気軽に始めた投資で恐慌の影響で多大な損失を受けてしまう初心者も少なくありません。投資においては、どのような心構えを作っておくべきなのでしょうか? 投資の心構えを解説します。

投資のための心構えを作る

最近はテレビや雑誌などで、大成功を収めた投資家を取り扱うことが多くなっています。そのためか、「投資は誰にでも簡単に出来て必ず儲かる」と考えて投資に参加する初心者が多くなり市場はより一層混迷しているといえます。

投資を始めるに当たって

投資というものは、一種の賭けであるといえます。つまり、「得することもあれば損することもあるのが当たり前」なのです。しかし、多くの初心者はこの事理解していないといえます。投資の入門書には必ず損失について解説しているページがありますが、多くの初心者が「自分だけは損失とは無縁」という根拠の無い自信を持っているのが原因と言えます。このような「初心者の過大な自己評価」はどこの分野でも見られることですが、投資のようにお金をやり取りする分野では大きな落とし穴になる危険性が高いといえます。

投資の心構えを作る言葉

では、投資家として必要な心構えを作るためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか? 投資の心構えを作るための言葉を解説していきます。

「儲ける」のではなく「損を無くす、減らす」と考えよう

多くの新規参入者は、「投資は必ず儲かる」と考えて投資に参加しているといえます。しかし、それは間違いといえます。投資は必ず損をするものなのです。「損失をどこまで減らすことが出来るか」という考え方こそが投資の前提条件なのです。

自分なりの投資観を持つ

投資では、刹那的に売買を繰り返して利益を出す方法も長期的な利益を見込んで商品を保有する方法も許容されます。しかし、「儲かるから」だけを基準にした売買を繰り返すことは投資家として成長できないといえます。自分の投資活動を、自分だけの利益のためだけでなく投資対象や市場全体にも還元されるような方法を考えてこそ、一人前の投資家なのです。

旨い話は罠だと思え

相場への投資では、常に怪しい人間が暗躍しています。彼らは市場の操作を狙い、様々な美味しい話を投資家に持ちかけてきます。しかし、彼らの話に乗ったとしても利益を上げることは出来ないと考えた方がよいでしょう。「人に美味しい投資話を持ちかける人間は、その話に自分の財産を投入することはない」とも言えます。投資には「絶対」は無いのです。

他人の成功ではなく失敗から学べ

世の中に出回っている投資の体験談の多くは、「私はどのようにして投資で成功したか」という自慢話であるといえます。しかし、このような体験談は勘違いを助長するだけで投資における成功を約束するものではないと言えます。だからこそ、投資における失敗談に触れて「どこで判断を間違えたのか」などの教訓を学ぶべきなのです。

投資
<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank"><img src="http://toshidebut.com/img/banner.gif" alt="投資" width="88" height="31" border="0"></a>

投資デビュー

<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank">投資デビュー</a>

広告掲載