投資デビュー
お問い合わせリンク投資デビュー

投信

投資で利益を上げるためには、市場が開いている時間中に取引を行える状態を維持できることが前提条件であるといえます。しかし、会社勤めの傍らでネット取引を行なうことは現実的には不可能です。投信は、副業として投資を始めたい人や取引に時間を割けない人にお勧めできる投資方法なのです。

人任せで利益を得る投信とは?

投信は「投資信託」の略称で、「投資を信頼出来る他者に託す」投資法のことです。英語での「ファンド」という呼び方も投信と同じくらいに浸透しています。

投信の仕組み

投信は、信託銀行などの投信を扱っている金融機関や証券会社にお金を預けて、ファンドマネージャーという投資の専門家に運用してもらうという仕組みをとっています。ファンドマネージャーは多くの投資家から集めたお金を株式や債券、外貨取引など複数の相場に投資して利益が出るように運用していきます。複数の相場に投資するのは、リスクの分散と利益効率を上げるための手法です。発生した利益は、信託した金額に応じて年1〜2回に分けて分配されます。

信託の利点

信託の利用による利点は、ファンドごとの特性になって表れます。「高利益運用」「低リスク運用」「元本保証型」など、その特性は様々ですが最も大きいのは「経験豊富な投資家に運用してもらえる」ということです。投資で利益が発生するようになるまでには、多くの時間と損失が必要と考えられています。信託はプロの投資家の力を借りることで、利益が発生するまでの時間を短縮することが可能なのです。

信託の欠点

信託を利用することは、利益が発生するまでの時間短縮に繋がりますが欠点もあります。まず、「自分の投資の技術が育たない」ということが言えます。信託はいわば他人任せの投資なので、自分から勉強しようとしない限り経験としてのプラスは発生しないのです。第二に「損失が出ることもある」という欠点があります。サブプライムローン問題のように世界的な恐慌が発生した場合など、損失が出ることが不可避になってしまうことがあります。元本保証型でない限り、信託であっても損失が発生すると考えるべきでしょう。

信託の分類法

信託は、応募期間・運用期間・運用方法・運用対象などの要素によって分類されています。

応募期間による分類

応募期間での分類には、運用中はいつでも参加できる「オープンファンド」と応募期間中のみ参加を受け付ける「クローズドファンド」に分けられます。

運用期間による分類

運用期間による分類には、運用資金が一定水準を割り込まない限り半永久的に運用し続ける「無期限型ファンド」と一定期間の間だけ運用して期間終了後は利益と共に元本を返却する「有限型ファンド」があります。

運用方法

運用方法による分類は、特定の株式銘柄に投資する「アクティブファンド」と不特定の株式銘柄に投資する「パッシブファンド」があります。

運用対象による分類

運用対象による分類は大きく分けて、安全性の高い国債や社債などの債券に投資する「公社債投資信託」と、利益が高い分リスクも高い株式に投資する「株式投資信託」に分けられます。

投資信託用語辞典

投資信託で登場する用語の解説集を作りました。 >>投資信託用語辞典

投資
<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank"><img src="http://toshidebut.com/img/banner.gif" alt="投資" width="88" height="31" border="0"></a>

投資デビュー

<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank">投資デビュー</a>

広告掲載