投資デビュー
お問い合わせリンク投資デビュー

FX

国外の通貨と日本円の為替相場を利用して利益を発生させるFXは、今非常に人気の高い投資法です。しかし、売り時を見誤ると取り返しの付かない損失を発生させてしまうため非常に危険な投資でもあるのです。ここでは、FXの仕組みと危険性などの特徴について紹介していきます。

外貨で稼ぐFXとは?

FXとは外国為替を意味する「Foreign exchange」の略称で、「外国為替証拠金取引」の通称として扱われています。FXは日々変動する外国為替市場を舞台にして行なわれる投資の代表格です。

FXの特徴

FXの特徴は、「自分の投資金額以上の資金を運用出来る」ことにあります。証券会社に証拠金を預け、証拠金の数倍の資金を使って投資を行ないます。このように小額の自己資本で多額の他者資本を利用する投資法を「レバレッジ」といいます。このレバレッジがあるため、FXは資本金が少ない投資初心者にも手軽に始めることが出来るのです。

FXの仕組み

FXは、日本円と外国通貨の交換比率の変化を利用して利益を発生させています。例えば1ドル100円の時に、100万円を1万ドルに交換します。取引後、1ドル120円の円安になれば1万ドルの価値は120万円になり20万円の利益が発生したことになります。逆に、1ドル90円の円高になれば1万ドル=90万円になって10万円の損失が出たことになります。このように、為替相場の変動によって変わる通貨価値を利用して利ざやを得るのがFXなのです。

投資対象

FXで投資の対象となるのは日本円以外の外国通貨です。FXで扱われる通貨としてはアメリカやオーストラリアのドル、ヨーロッパのユーロ、南アフリカのランド、イギリスのポンドなどが上げられます。基本的には日本円よりも価値の高い通貨が投資の対象になっていると考えてよいでしょう。

FXの問題点

レバレッジの効果で利益が高いFXですが、幾つかの問題もあります。FXの問題点としては「損失の大きさ」が言えます。レバレッジで自分の資本以上のお金を扱えるため、損失も大きなものになります。運用資金の元本割れを起こした場合、証券会社に追加の証拠金を投資しなければならなくなることもあります。また、取引しないで通貨を保有した状態で居ても通貨価値の暴落によって発生する含み損で大きな損失を受けることもあります。現在主流となっているネット取引では、システムの不具合で取引できない状態が起こって損失を食い止められない状態が長引く例も多数報告されています。

取り扱い業者の選び方

FXを取り扱う業者は大小さまざまにありますが、出来れば金融機関を背景にした大手業者を選ぶようにしましょう。個人のFX取り扱い業者の中には経営内容が不透明で信頼性に乏しい業者もあり、経営破たんを起こした場合の補償が受けられないことも多いからです。

FXの理想的な運用

利益が大きい変わりに損失の出る可能性の高いFXは、出来るだけ自己資本の留保を残すようにして運用していくことが基本になります。これはFXで出した利益に対する税金のための対策でもあります。また、損失を小さくするためにもレバレッジの倍率を抑えることも重要です。FXの場合は目先の利益を追うのではなく、損失をいかに小さく出来るかという考え方が重要視される投資法なのです。

FX用語辞典

FX(外国為替)で登場する用語の解説集はこちら。 >>FX用語辞典

投資
<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank"><img src="http://toshidebut.com/img/banner.gif" alt="投資" width="88" height="31" border="0"></a>

投資デビュー

<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank">投資デビュー</a>

広告掲載