投資デビュー
お問い合わせリンク投資デビュー

株式投資(株)

株式投資は、投資の中でも最も奥の深いものであるといえます。売買によって収益を上げることも出来れば、所有することで会社の経営に参加することが出来る株券の効力は資本主義の必需品といっても過言ではないでしょう。ここでは株式投資の仕組みや特徴などを紹介していきます。

株式投資(株)を始めよう!

株式は、景気の目安になっているほどに経済全体に与える影響の大きい市場を持っている有価証券です。株式にはどのような仕組みと効果があるのでしょうか?

株式とは何か

株式は、会社の運営に必要な資本金を多くの人から集めるために発行される証券です。株式の発行を行なって資本金を増やしている会社を「株式会社」と呼びます。株式は証券会社によって株式市場へと流通し、市場で投資家によって売買されます。株式を購入した投資家は「株主」という名の出資者として経営への参加や、株の売買で利益を得ることが出来ます。株主に資本金を出資してもらった会社は雇用者や設備の充実を行なって会社を大きくすることが出来ます。株式市場や証券会社は株取引の手数料を利益として受け取ることが出来ます。このように、株式を発行することは市場・会社・投資家の三者にとって利益を得る機会を発生させることなのです。

株式を保有するメリット

株式投資には、「株価の変動を利用して利益を発生させる方法」と「株式を保有することで会社の経営に参加して利益を発生させる方法」の二種類があります。株式の保有によるメリットは、「会社の経営に参加出来る」ことと「会社の利益から配当金を受け取れる」ことです。株式の保有数が大きくなればなるほど、会社に対して出資している金額が大きいということになり、会社の経営に口出しする権利が発生するのです。この権利は株式の保有数によって強くなっていき、発行株式の過半数を持っている株主は会社の経営権を取得したことになります。この株の保有数を利用して企業買収を行なうのがM&Aなのです。

株式の価値

発行された株式は、株式市場を運営する証券取引所によって最初の価格が決められます。その後、株式市場に流通した株式は証券取引所の決めた価格とは全く別の価格で売買されることになっていきます。この市場での株価は、本来の価値だけではなく「市場の期待」や「市場の需要」といった実態の無いイメージによって変動することになります。

株のメリットとデメリット

株式投資を行なうに当たって発生するメリットは、「大きな利益を得られる」ということが言えます。株式の保有数が増えれば「株主として会社の経営に参加できる」というメリットも発生します。その一方で、「市場の動きや会社の経営状況によって大きな損失を出しやすい」というデメリットもあります。株式を購入した会社が経営破たんを起こしたり、上場廃止になったりすると株式は価値を失ってしまいます。市場の動き次第では、購入時よりも価格が下落して売却しても損失が発生するため、株式を動かせなくなるということもあります。また株式投資を行なう場合の鉄則である、「株式市場に影響する全てのニュースにアンテナを伸ばしておかなければならない」ということもデメリットであるといえます。

株用語辞典

株「株式投資」で登場する用語の解説集はこちら。 >>株用語辞典

投資
<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank"><img src="http://toshidebut.com/img/banner.gif" alt="投資" width="88" height="31" border="0"></a>

投資デビュー

<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank">投資デビュー</a>

広告掲載