投資デビュー
お問い合わせリンク投資デビュー

債券投資

債券投資は、投資法の中でも安全性が高い方法であるといえます。一定期間の間、投資した金額の証明として手元に預けられる債券は、期間が過ぎればお金となって利息付で戻ってくるのです。債券投資とはどのような仕組みで運用され、どのような形で流通しているのかなどを解説していきます。

債券投資で巧みに稼ぐ!

債券投資とは、国や金融機関などによって発行される債券に投資して利益を得る投資法のことです。低金利時代の現在、安全性が高めの投資法として人気を集めています。

債券とは?

私たちが誰かからお金を借りた場合、返済期限や利息についての借用書を作るのが常識です。この借用書は一種の有価証券として機能していることになります。この借用書に基づいた借金のことを「債権」といいます。つまり、債券とは発行した国や金融機関に対してお金を貸したという債権の証明書なのです。

債券投資の仕組み

債券への投資が安定した投資法であるのは、「信用」が背景にあるからです。借金を求める人は都合のいい条件を貸主に提示してお金を集めようとしますが、貸主から信用されなければお金を貸してもらえません。しかし、信用されている人であれば条件無しでもお金を貸してもらえます。債券は国や金融機関の持つ信用を背景にして売り出されているからこそ安全性が高い投資として認知されています。この債券への信用は「格付け機関」と呼ばれる第三者によるランク付けで支えられています。

債券投資の特徴

債券への投資に人気が集まるのは、「金利が銀行預金よりも有利」であるという特徴が理由の一つになっているといえます。債券の金利は、発行時の金利を基準にして高利回りになるように設定されます。一方で金利が債券発行後に上昇してしまうと利益が預金よりも低くなるリスクがありますが、低金利時代においては良い投資法であることは確かです。また、債券は他人への譲渡が可能で返済期限より前に現金化することも出来るという特徴があります。期限前に売買すると購入時よりも低価格になるというデメリットがありますが、柔軟に運用できる証券であるといえます。

債券の種類

投資の対象となる債券には、政府によって発行される「国債」、地方自治体が発行する「地方債」、金融機関が発行する「金融債」、企業が発行する「社債」などがあります。これらの債券を合わせて「公社債」といいます。

債券の額面

債券に表示されている額面は、期間満了の際に返却される金額そのものとなっています。この額面以下の価格で販売されている債券は「割引債」といい、満了時に原価と利子を合わせて支払う形になっています。額面通りの価格で販売される債券は「利付債」といい、利子を毎年決まった時期に受け取れるようになっています。

通貨の違い

債券には、日本円で額面が付けられている「円貨建て債券」と外貨で額面が付けられている「外貨建債券」、複数の通貨で販売され額面が付けられる「二重通貨債券」が在ります。外貨建債券や額面が外貨で付けられた二重通貨債券は、外国為替相場の影響を受けるため購入時よりも金額が下がるリスクがあります。

債券投資用語辞典

債券・国債・公社債に関連した用語の解説はこちら。 >>債券投資用語辞典

投資
<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank"><img src="http://toshidebut.com/img/banner.gif" alt="投資" width="88" height="31" border="0"></a>

投資デビュー

<a href="http://toshidebut.com/" target="_blank">投資デビュー</a>

広告掲載